横須賀北ロータリークラブ : ホームへ
国際ロータリー2780地区
クラブ概要
活動履歴
入会について
週報
ホーム

横須賀北ロータリークラブの概要

                                                     
会 長 千葉 茂
基本理念

 横須賀北クラブ基本方針
  私たち横須賀北ロータリークラブは1962年の創設以来57年を数えるに至りました。これまで例会場も三度変わり
 会員の職業別構成比も随分と変わってきました。また20世紀から21世紀へと世の中が変わり、本年5月には
 平成の時代から令和へと元号も変わりました
  世の中は常に変化し、その変化に対応できない生物・組織は厳しい状況に置かれ、何もしなければ最後は滅び
 る運命なのかもしれません。
 2019年〜2020年度に我がクラブの舵取りを任されるにあたって、この変化に如何にして立ち向かうか?自分一人で
 頭を抱えてしまいました。
 そして考え着いた結論は、自分としてロータリーの原点に回帰する事でした。ロータリークラブの例会に参加する事は会員
 の義務であると共に大事な権利でも有ります。会員の皆さんが「明日例会だから必ず行こう」と思って下さるような
 楽しい例会・意義深い例会を作り上げる事を今年度の目標にしようと思います
 その上で、今までロータリーに興味を持って頂けなかった方々にも親近感を感じてクラブに加わって頂ける方法を考え
 実行してみようと思います。勿論、次年度国際ロータリー会長マーク・ダニエル・マローニー氏が提唱される「ロータリーは世界を
 つなぐ」を念頭に置き、地域・社会・若者達にもアピールし、現在のわが国を取り巻く奇妙な閉塞感にもアタックしてみたい
 と思います
 ロータリは世の中に少しでも貢献しようと考える奇特な職業人の集まりですから社会・地域・職業そして国を超えての
 奉仕は大事な仕事だと思います。その為に長年我がクラブが培ってきた伝統あるロータリー財団・米山記念事業に対す
 る寄付は笑顔でできる限りの供出が出来たらと願っています
 今年度は、これからも続く我がクラブが迎えた変化の時代を強く・深く認識し、クラブの長依存族の為に成しうることは
 何か、を考え続けて一年間過ごそうと思います。
 会員の皆様、一年間どうぞ宜しくお願い致します
    
   

 
 
 
クラブ概要
創立 昭和37年(1962年)3月13日 於:横須賀商工会議所
認証 昭和37年(1962年)4月11日 国際ロータリー第359地区神奈川県第二区
伝達式 昭和37年(1962年)11月11日 於:県立三崎高校
当クラブと逗子、三浦の3クラブ合同で行われた。登録は三笠艦前で行い、自衛艦で
走水へ、バスで三崎へ行き、三崎高校講堂で伝達式と披露宴がおこなわれ、約1,000名が参加した。
スポンサークラブ 横須賀ロータリークラブ
特別代表 故鈴木角次郎氏(横須賀ロータリークラブ)
創立時の区域限 横須賀市・田浦泉町、長浦町以北
事務所 横須賀市追浜町3-22 鈴木ハイツ2階 202号
電話 046-866-1801
例会場 横須賀市追浜本町1-28 かながわ信用金庫追浜支店3階
電話 046-866-15151
例会日時 火曜日 12時30分〜13時30分
定例理事会 毎月第例会日 13時40分〜14時30分
会員  現在会員数  27名(最大1991年63名)
   年齢構成   30代:1名 40代:7名 / 50代:4名 / 60代:5名 / 70代:6名 / 80代:4名
   男女別     男性:21名 / 女性:6名
友好クラブ 大韓民国北大邱ロータリークラブ
会員夫人の会 サルビア会
沿革
 横須賀RCは創立10周年記念事業として、小佐野皆吉会長時代に横須賀北と逗子、三浦の三クラブを同時に誕生させた。市経済界の長老鈴木角次郎氏、谷川 武氏、村瀬春一氏がそれぞれ特別代表として派遣され、当クラブには初代会長として木村秀儀氏、初代幹事に村松治郎氏が横須賀RCから移籍され創立会員26名をもって発足した。
 発足当時の例会場は横須賀商工会議所、その後は、さいかや5階ホール、追浜会館2階ホール、エルシャンテ追浜かながわ信用金庫追浜支店3階会議室へと変更し、現在に至っている。
 創立当時26名であった正会員数も1968年には40名、1972年には51名、1991年には61名まで増加したが、その後は減少に転じ2014年では24名の正会員数となっている。






Copyright 2003-07 横須賀北ロータリークラブ